株式会社ユークス

2005年11月14日

新日本プロレスリングの株式取得に関する発表が行われました。

sub_1 sub_2弊社と新日本プロレスリング株式会社は、2005年11月14日13時30分より東京ドームホテルb1シンシアにて、弊社の新日本プロレスリング株式会社株式取得にともなう合同会見を行ないました。

席上には、弊社代表取締役社長谷口行規、新日本プロレスリング株式会社代表取締役社長サイモン・ケリー猪木氏が列席。両社長から会見の主旨、今日までの経緯、今後の両者の関係などを説明致しました。
>> 記者会見のムービーを見る

■弊社代表取締役社長谷口行規より

「この度、私どもユークスは、本日平成17年11月14日の取締役会において、新日本プロレスリング株式会社の株式を51.5%取得し、子会社化する決議をしたことをご報告いたします。
誤解の無いように申し上げますと、昨今よりメディアで世間を賑わせております『敵対的買収』ではなく、それを阻止した結果を受けての発表であることをご理解いただければと思います。
また私どもユークスは、設立以来プロレスゲームに携わっており、最近はゲームという範囲に捕らわれず、プロレスをエンターテインメントとして発展させていきたいと考えております。新日本プロレス様と共に、コンテンツのグローバル化、新日本プロレスが主体となる興行運営、経営の浄化をユークスがいい形でバックアップし、プロレス業界の今後の発展の為にがんばって行きたいと思っております。」

■新日本プロレス株式会社代表取締役社長サイモン・ケリー猪木氏より

「この度の経緯を説明致しますと、弊社に対して『敵対的買収』が行われているという情報を得て、昨年からデジタルパートナーとしてタッグを組んでいるユークス様に無理を承知で相談しました。ユークス様からはプロレス業界の為ならと、強い使命感の元ご快諾いただき今回の発表となりました。
これから私どもは、今までとは違う新日本プロレスとして、自身のマッチメイクにおいても主体となり、興行のあり方を追求していきます。また、テレビ朝日様とはより連携を強めていき、ファンの皆様に喜んで頂けるようエンターテインメントとしての原点を見つめなおして行きたいと思っております。
そして興行をはじめとするコンテンツのグローバル化を今後積極的に推し進めてまいります。今後の新日本プロレスに是非ご期待ください」

今後弊社は、新日本プロレスリング株式会社様と共に国内プロレス業界の発展、新たなるプロレスの創造にまい進していく所存です。何卒ご期待くださいませ。

top