ユークスをつくる人 Our Creator’s Voices

時空を越えた
コラボレーション開発だ!

R&Dテクニカルディレクター

グループ 6 入社年度:2005年 出身学科:工学部 電子工学科

テクニカルディレクターの仕事内容を教えてください。

R&Dチームとして自社エンジンの開発から、ゲームタイトル開発に必要な様々なミドルウェアや新型ハードウェア、デバイスの検証等、新しい技術に積極的に取り組み、現在及び将来のプロダクツを技術面から支援する仕事です。また、YUKE’S LAの利点を活かし、海外の優良デベロッパーやパブリッシャーのスタジオを視察し、多くのノウハウ等を学んだりする機会もあります。北米で行われる技術カンファレンスにも積極的に参加して開発チームへ情報の配信も担っています。特に、2010年3月にサンフランシスコで行われたGame Developer Conferenceで多くの開発者達の前で自社技術の発表の機会に恵まれ(私はアシスタントとして参加)、前向きな評価が頂けた事が嬉しいですね。

この職業の面白いところ、やりがいのあるところは?

img2海外での仕事は常に刺激があって大変勉強になります。クライアントと距離が近いという事、そして同じ時間帯で仕事が出来る事は、双方のコミュニケーションにも大きなメリットです。更に日本とは時差を利用したコラボレーション開発も面白いです。

また、仕事以外の日常生活の中でも、一般消費者が今何がトレンドでどんな事に興味を抱いているのか、彼らの生活習慣からどんな遊びが好まれているのか等も肌で感じるようになれることです。近くのゲームショップに行けば開発したタイトルを楽しく試遊している親子の姿を見かけ、どんなプレイが彼らを熱中させるのかという事も大変勉強になります。ユークスは海外市場がターゲットですから、常にグローバルな視点で”遊び”を考えるという事が重要であり、それをチームに伝える事が喜びであり自分への責務と思っています。

これからのあなたの野望を教えてください!

img3ゲーム開発における技術はどんどん高度な領域に突き進んでいます。ハリウッドのクリエーター達は映画製作とゲーム制作の両方で活躍されている人が大変多い事と、彼らは仕事の隔てなく高度なテクニックやノウハウを当たり前のように出し切っていることで、映画で使われる描写や表現も、ゲーム開発でも同じように進化していると考えて良いと思います。これらのクオリティを我々が摂取するための具体的な手段や方法は今は無いのですが、なんとか導き出してそのような環境の近くにある私たちLAスタジオがユークスクオリティの向上に貢献できるのではと秘かに企んでいます。

就活生へのメッセージ

企業情報では伝えられない就活での大事な要素のひとつは、やはり「人」だと思います。あなたの能力を最大限に活かせるのは、機材や設備等の環境だけではなく、上司や先輩そして仲間達なのです。「人」を育てる事もユークスの大事なミッションです。努力して成果を出したのなら、それ相応の結果が自分に返ってきます。それは本人だけではなく、チーム全体に貢献しているのです。それ相応の評価を上司だけではなく先輩達がきちんと出してくれます。ゲーム開発は共同作業です。その過程ではいろんな辛い事も嬉しい事も多々あります。どんな時も信頼できる仲間達があなたを待っています。

グループ 7

top