ユークスをつくる人 Our Creator’s Voices

やりたいことがあったら
やってみよう!

テクニカルディレクター

グループ 8 入社年度:2000年 出身学科:専門学校 プログラム課程

テクニカルディレクターの仕事内容を教えてください。

プログラムのディレクションと実際のプログラミングを半々ぐらいの割合で行っています。
プログラムのディレクターとしては大きく3つの仕事があります。
クライアント様やゲームデザイナーから挙げられたデザインを形にするために技術的提案、仕様策定を行います。
もう一つは決まった仕様を各プログラマーにタスクとして割り振り、進行管理をします。
最後の一つは技術的な問題解決です。これがゲーム制作では一番多く困難かもしれません。
プログラマーとしての最近の仕事内容は検証プログラムの作成、ライブラリの作成、ゲーム内のモードやモジュールの作成などがあります。
検証プログラムとは処理落ちがメモリ不足が起きないよう、事前に最大負荷を考慮したプロトタイププログラムの作成です。特に新しいシステムを構築する際には仕様に無理がないことを確実に検証します。
ライブラリはみんなで共通して使用する部分です。スレッド管理、メモリ管理、ファイル管理などがあります。
先ほど述べたゲームプログラムの1タスクを担うこともあります。

この職業の面白いところ、やりがいのあるところは?

机上は息子の写真であふれています。

プログラムの設計とそれが実装できたときはとても楽しいです。
ここ数年は360/PS3の両方で動くプログラム、あるいはPS2/PSP/Wiiを加えた5機種で動くマルチプラットフォーム対応のプログラムを設計する事が多くあります。複雑になりすぎてしまったり、見込み通りいかないことも多くありますが解決までのアプローチを探していく事はやりがいがあります。

これからのあなたの野望を教えてください!

会社を大きくして複数の国にスタジオを作りたいですね。
今年はYukesLAが出来ました。今後は今まで以上にアメリカの開発者と協力して開発する機会は増えてくると思いますが、アメリカ以外の多くの国に優秀なゲーム開発者、プログラマーはたくさん居ます。そういった方をユークスに迎えて仕事をしてみたいですね。
例えば優秀なプログラマーが多いインドなんて刺激的だと思います。

就活生へのメッセージ

ユークスは多くのプラットフォームで開発を行っており、チャレンジするチャンスがたくさんあります。
○○プログラムを作ってみたい。○○システムを自分で実現させたいなど明確なビジョンがあるならば、是非チャレンジしに来てほしいです。

グループ 7

top